2012年4月17日火曜日

私、とは。

書家の紫舟さんのワークショップに参加しました。
お手本のような文字を目指すのではなく、
文字に感情を持たせるようなワークショップ。
事前の課題では、自分の名の由来やその名前と今の自分との比較、
これからの生き方を見つめてくるよう言われていました。

ワークショップの内容は紫舟さんの言う感情や場面、
例えば「トゲトゲしたかんじ」「天使になった気分で」「自信がないとき」
というものを自分の名前で表現していくというもの。

2時間ほど自分の名前と表現と向き合って、
お利口でいなくてはならないというような枠を意識している自分というのが、
文字に現れていて、大胆になれない迷いのある自分を改めて自覚しました。


生き方とか働き方とか、
人と比べても仕方のないことを、
無意識のうちにどうしてもしてしまう窮屈さ、無意味さ。

いつの間にか「自分らしく」というのが、
私にとっては難しいことになっています。




0 件のコメント:

コメントを投稿