2012年12月8日土曜日

風景

あの日から、情報に過敏になりすぎて、
疲弊と不安でどうしようにもなくなるときがあります。

やるべき対策や、行動をしながら、
これからの日本に住まうことができるのか、
というところまで考えてしまいます。

しかし、人間が住まうことができる資源は多分にある土地。
天災は免れられないけれど、
人間の作る物は制御できるはず。

人間が住める貴重な場所を守るためにも、
今は日本で行動し、未来が今よりクリーンになるよう、
目の前の人や風景を大切に過ごしたいと思っています。
















六本木のキャンドルナイトは、
あの日に先端が傾いた東京タワーが、
シンボリックな火にも見えました。
しかし、東京タワーも元は電波塔で、
電気を送る役目だったわけです。

東北へ、被災地へ祈りを捧げると共に、
今の暮らしがあること、
誰かに支えてもらっていることに感謝する祈りでもありました。
















さて、今日も晴れています。








0 件のコメント:

コメントを投稿