2013年5月3日金曜日

色のこと



























葉の中に隠れるように咲いていました。

補色とはうまいこといったもので、
まさに互いを補い合いながら調和している姿には、見惚れます。

みどりの若さはほんの一瞬で、
もう今時期は随分と世間慣れした深みを増していますね。
そのみどりったら、今度は幹の焦茶と相まって、
きりっとした表情になっています。

みどりの豊かさは、色でも感じられるものです。


0 件のコメント:

コメントを投稿